睡眠シチュエーション随伴症

睡眠事例随伴症は大きく分けて幼子に多い覚醒病状ってお婆さんに多いレム睡眠障害の2部類あります。幼子が寝ているといったさっさとおかしな活動をしたりするので、最初は驚くかもしれません。外観をちゃんと知っておく結果対処が聞き取れるので安心できます。
MENU

睡眠シチュエーション随伴症

 

睡眠ケース随伴症は眠っている間にアンビリーバブル用件を総称だ。

 

睡眠ケース随伴症はノンレム睡眠から覚醒時に生まれる覚醒障りという、レム睡眠に生ずるレム睡眠用件障りの大きく分けて2種類に分けられます。

 

覚醒障りは幼子(5~12年代)に多い姿レム睡眠用件障りはオジサン期(45年代以外)以降に見つかる姿だ。

 

乳児に多い覚醒障りの姿

 

錯乱性覚醒

 

 

錯乱性覚醒は睡眠して早めのひとときに手広く言える姿だ。

 

睡眠の途中に目覚めてしまい、覚醒が不完全な目覚めとなって意味不明な寝言を言ったり決める。

 

目覚めたあとでも、寝ぼけた症状が15取り分以外見えるので必ず起こそうとすると逆効果で、攻撃的になっることがあるので注意が必要です。

 

 

夢遊病

 

 

夢遊病はノンレム睡眠(濃い睡眠)に起こります。

 

脳が眠っているのに車体が勝手に動き出して仕舞う姿だ。

 

専属言語では、睡眠ケース遊行症(すいみんじゆうこうしょう)といいます。

 

眠っていたという思ったら、急に起き上がってベットの人目をクルクル見廻り醸し出したり、危険なのは外に出て行ってしまうこともあります。

 

夢遊病というくらいなので、空想を見ながら同じように動いているという方もいるかもしれません。

 

奥深い睡眠症状なので脳が眠っているので空想は見てないは捜索結果からわかっています。

 

この症状は、眠りについてから濃い睡眠に入っている1?2時後に姿が現れます。

 

ファッションを着替え原則たり、ぶらぶら歩き回りまわりますが、数分?数十分で何もなかったかのようにベットに戻って昼前まで眠ってしまう。

 

当人に聞いても、夜中に行動していたときのおみやげを覚えていないのも夢遊病の特徴です。

 

 

夜驚症

 

 

夜驚症は夜中に絶叫やさけびサウンドをあげてさっさと目を覚ましてしまう。

 

なせか夜中に恐怖を感じて目を覚ましてしまう姿だ。

 

腹黒い空想をみて恐怖で泣き出してしまうのかと思いがちですが、夢の仕様が怖くいわけでも無く、原因は当人に聞いてもわからないのです。

 

ただし、突如難儀をもらいパニック状態になってしまう。

 

現に難儀を感じたときのように、握りこぶしに汗をかいたり、パルス台数があがり、息づかいが速くなるといった身体の事象が現れるのです。

 

凄い時折嘔吐してしまうこともあります。

 

夜驚症は30秒ほどから5取り分くらいでおさまり、その後は何もなかったように眠ってしまう。

 

夜驚症は深い眠りのときに発症するので、声をかけても届かないので見守るしかありません。

 

夜驚症という姿に夜泣きがあります。

 

夜泣きが起きるのは、レム睡眠の眠りが浅い姿のときなので、声をかけたり電気をつけてあげれば、目を覚ましてわめき止んでもらえる。

 

夜尿症

 

 

夜尿症はおねしょのことです。

 

但し、ちょっとした違いがあります。

 

乳児は毎晩おねしょをします。

 

ただし大きくなるによっていつまでもおねしょをしなくなります。

 

小学生入るか入らないかくらいになっても、寝ている間に小便をしてしまう事を病気と捉え夜尿症といった叫ぶようになります。

 

おおよそ6年代で10パーセンテージ、10年代で5パーセンテージ、12年代で3パーセンテージの幼子が夜尿症だ。

 

この症状は男児の方が乙女にくらべて多い姿だ。

 

お婆さんに多い睡眠ケース随伴症のレム睡眠障害

 

レム睡眠障害はお婆さんにあらわれることが多い姿だ。

 

レム睡眠は睡眠の浅い睡眠(脳が起きている症状)のことです。

 

こういう浅い睡眠の時にパーソンは空想を見たり行うが、レム睡眠障害は見ている空想と同じ用件をしてしまうのです。

 

体調が覚醒して起きている状態で、脳は眠っているので空想って現実の区分が付かなく現実に起こっているケースといったとらえてしまい握りこぶしや乗り物を取り回したりしてしまいます。

 

重度の姿の場合は起き上がって暴れ出したりすることもあります。

 

 

例えばカンフービデオの空想をみてジャッキーチェンになりきって掛かる夢の場合は、立ち上がってパンチやキックなのど叫びながら暴れ出したり決める。

 

ウォールを蹴ってしまい乗り物を骨折したり、窓ガラスを割って大ダメージにもつながってしまう。

 

夜中の3ケース~5ケース頃に姿が起こり易く、一年中に数回出る事もあります。

 

レム睡眠障害が発症するのはおもに50年代以上の夫だ。

 

一緒に寝ている夫人や幼子が姿に驚いて、かりにしようとクライマックスに行くって傷を背負う可能性もあるので気がついたら早めに病棟をめぐって問い合わせ達することをお勧めします。

 

こういうレム睡眠障害がおこる原因は依然としてわかっていません。

 

但し主体逆鱗の何処かに不具合が言えるのがわかっていて、薬を処方してもらうと主として1ウィークほどで姿が治ります。

 

治らなくても姿が少なくなりますので診察して貰いましょう。

このページの先頭へ