むずむず脚症候群

むずむず症候群は娘から大人まで生ずる病態だ。歩きに虫が這って要るようなフィーリングに悩まされているかたは100者内側4者もいる。むずむず症候群になったままどうして取扱すべきかなど覚えておきましょう。
MENU

むずむず脚症候群

 

脚がむずむずして寝付きが悪かったり、夜中に何度も目が覚めてしまい熟睡できないなんてことはありませんか?

 

聴きなれないかもしれませんが「むずむず症候群」の可能性があります。

 

正式には「レストレスレッグス症候群」と呼ばれる地雷不調だ。

 

こういうむずむず症候群の恰好は人によってもらいほうが違う。

 

乗り物の上を虫がはっているような体感がして、脚がむずむずすると伝える人が最も多い。

 

それ以外には、脚が痛こそばゆい、ほてる、冷える、熱いなどと勧める人がいらっしゃる。

 

こういう不調は、脚の皮膚がむずむずするのではなく、内側にこの違和感が起こります。

 

 

こういうむずむず症候群の強みは夕刻からミッドナイトにわたって症状が現れることが多く、寝ていることやじっとしているときにあらわれます。

 

じっとしていられないほどの違和感なので、まずまず寝付けなかったり、何度も目を覚ましたりするので睡眠不足になりやすいのです。

 

恰好が悪化すると昼も、地下鉄、内勤、ミールなどじっとやるときに恰好が出ることもあります。

 

日本の人口の約4%(100人に4人)もがむずむず症候群と推定されていらっしゃる。

 

むずむず症候群は小児から大人、お婆さんと誰にでも起こる可能性があります。

 

最も多いのが60代、70代のお婆さんだ。

 

また、パパという女性でも差があり、女性の方が男性に比べて約倍もむずむず症候群になりやすい不調だ。

 

受胎当事者の女房の約20百分率にむずむず症候群の恰好がみられ、恰好が現れたら乗り物をしげしげと切り回したり、さすったりしながらじっと恰好がおさまるまで踏ん張るしか無くキツイという働きかける人が多い。

 

このように、むずむず症候群はさまざまな病気といった合併することもわかっています。

 

むずむず症候群の約半分程度の人はなんらかの合併症がみられました。

 

殊に人工透析にあたっている人が最も多い。

 

ほかにもパニック壁、うつ病、甲状腺機能壁、進展壁、腰痛などがあります。

 

むずむず症候群の原因

 

むずむず症候群は300年齢限りも前からこの症状は知られていますが、相変わらずむずむず症候群がおこるきっかけが完全にはわかっていないのが現状です。

 

その中でも現時点で言えるきっかけが3つあります。

 

遺伝

 

 

むずむず症候群の原因の1つが遺伝だ。

 

本当に、若者などの小児がむずむず症候群で悩んでいる場合は、両親のうちどちらかがむずむず症候群の恰好が言える釣り合いは約7割もいるといわれています。

 

小児の場合は恰好を口にして賢く伝えられない場合や、私たち大人が理解できなくてかゆみどめなどドラッグストアで買って塗っていらっしゃるなんてことも言えるので、寝ている時や、恰好を敢然と確認して見せることが大切です。

 

ドパーミン

 

 

脳内にはさまざまな地雷キャッチボール物があります。

 

その中でむずむず症候群に関係しているとしているのがどばーミント言う物だ。

 

ドパーミンというキーワードを聞いたことがある人は多いと思いますが、テンションを引き出していただける物だ。

 

更に責任があるのですが、「ちっちゃな不要な圧力を遮断する」ことです。

 

私たちは、つねに各種圧力にあたって生活をしていらっしゃる。

 

全ての圧力に動作していたら、おおきな圧力を受けたまま動作が遅れたり鈍くなってしまいます。

 

そうならないために、単なるような外部からの圧力を状況判断して遮断して受け取る働きをしてくれます。

 

但し、ドパーミンがかしこく働かないという、元来遮断されるはずのちっちゃな圧力に必要以上に動作してしまうのが、むずむず症候群の恰好を引き起こす原因ではと考えられています。

 

鉄分の不足

 

 

地雷キャッチボール物のドパーミンの譲渡が正常におこなわれるため外部からの不要な圧力が脳に伝わらないように遮断してくれていると前述説明させていただきました。

 

そのドパーミンを作り上げるのに鉄分が使われているので、鉄分が不足するとドパーミンが上手くつくれなくなってしまいます。

 

そうなると、ドパーミンのキャッチボールが低下してしまい外部からの圧力を上手く論外できなくなってしまい、むずむず症候群が発生すると考えられています。

 

むずむず症候群の加療

薬を使わない非薬物加療

 

 

できれば薬を使わないで治療したいと考える人も多いと思います。

 

基本的にはお決まりの改善になります。

 

コーヒーやお茶やコーラーなどカフェインが多い水ものを摂りすぎるとむずむず症候群の恰好が激化させることがあります。

 

カフェインは覚せい作用があるので、睡眠にも影響するので控えたほうがよいでしょう。

 

ビールやお酒などの酒類もむずむず症候群を悪化させることがあります。

 

眠れないからといって寝酒をしてしまうと、睡眠の材質を下げてしまうので控えましょう。

 

また、むうむず症候群の恰好が現れたまま、脚を弱くたたいて刺激を与えるといった恰好が薄らぐことがあるので試してみては如何でしょう。

 

薬物加療

 

 

お決まりの改善それでは威力があらわれない場合には薬物加療になります。

 

むずむず症候群の加療は、鉄剤、ドパーミン間柄薬剤、非ドパーミン間柄薬剤などが使われます。

 

反作用などもあるので医者とお願いしながら加療をすすめていってください。

このページの先頭へ